少ない人数の会社は避ける

人数が少ない会社のデメリット

会社の中には、小人数で経営をしているところが見られます。
仕事の量が少なければ、小人数でもスムーズに経営を続けることができます。
ですが、人数に対して仕事量が多くなると働く人の負担が増えます。
順調に仕事を進めることができないので、会社が倒産する危機を迎えます。
安心して働き続けられる会社を探すなら、社員の人数に注目しましょう。

人数が少ない会社は、新入社員にいきなり難しい仕事を与えることがあります。
最初はどのようにして仕事を進めたら良いのか分からないので、失敗することが多いです。
働く人が多いなら、みんな心に余裕を持っています。
新入社員に、しっかり仕事の進め方を教えてくれるでしょう。
安心して働けます。

ずっと求人が出ている会社

1年中、ずっと求人を出している会社が見られます。
常に人材不足なので、1人に対して大量の仕事を与えています。
ゆっくり働けないでしょうから、別の会社を見つけてください。
また長く働き続ける人がいないということは、人間関係や仕事の量に問題がある可能性が高いです。
新入社員が入ったとしても、トラブルを起こしてすぐに辞めてしまうのでしょう。

知らずに入社すると、自分もトラブルに巻き込まれるので危険です。
トラブルを解決するのに時間が掛かったり、お金が必要になるかもしれません。
定期的に求人を出していることが分かったら、常に人材不足な会社だと思って応募しないでください。
トラブルに巻き込まれないよう、自分から用心しましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ